介護施設における接遇マナー研修

education05...

介護施設では利用者さんやご家族から、言葉づかいや話し方、そして態度に関するご指摘が多いようです。
例えば、「命令口調で言う」「事務的で心がこもっていない」「早口で話しかける」「子供に話しかける話し方」など。言葉づかいや話し方は相手の心に直結し、自分がどう扱われているかが相手に即座に判断されてしまいます。また、利用者さんに安心、信頼を与える対応はどうすればよいかを学びます。

 

研修3時間コース要旨

※カリキュラムの内容、時間等はご相談の上、決定いたします。

接遇マナー
「施設に求められる接遇マナー」という観点から【利用者・ご家族に対する接遇】のポイントを確認し、介護対応力の強化をはかります。
施設に求められる接遇とは
「利用者さんが求めている心地よさとは何か」を考えながら、介護サービスに関る満足度の向上とはどうすればよいかを追及して、相手に伝わる表現力の強化をはかります。
好感をもたれるには
第一印象の重要性を認識し、何をどうすればよいかを明確にして、利用者さんとの良好な関係を築くスキルを強化します。
施設では敬語が大事なのはなぜ
経験豊かな高齢者の多い施設では、さまざまなコミュニケーションが求められます。
その基本は、尊厳第一で接することです。敬語には、尊厳第一を示すパワーがあります。現場で必要なクッション言葉、敬語や応対用語をしっかり学びます。
来客応対の基本
施設においでになる方々に対して、最初の応対が施設に対するイメージや感じの良し悪しを決定づけてしまいます。てきぱきとした応対、丁寧な応対、真心のこもった応対を身につけます。

お問い合わせ

HOME  研修コース  当社の特徴  お客様の声  会社概要  お問い合わせ 

Copyright(C) 2014 ベターコミュニケーション All rights reserved.